小さな葬儀で故人を送り出す【身内でひっそり行なう儀式】

線香

都市化の影響

花

独特な作法

埼玉県にも独特な葬儀作法が存在します。同じ関東地域でも埼玉県と東京では風習がずいぶん違うものなのです。通夜の香典袋のほかに紅白の水引をかけ、お見舞いの表書きを用いた袋を用意します。通常、黒と白の水引が一般的ですが、決しておめでたいと思っているわけではなく、入院中に故人にお見舞いできなかったことを申し訳なく思うという観点で渡しているものなのです。遺族への気遣いが込められた昔ながらの埼玉県での作法なのです。遅らせながらのお見舞金を通夜の席でお渡しするといった作法は、ほかの地域へ出稼ぎに行くなどの機会が多く生前の病院へのお見舞いなどなかなか顔を出すことができない地域がらを葬儀の作法に取り入れている風習といえます。

少なくなる独特な儀式

他にも参列時には参列者全員が小さな金剛杖を手に持ち、男性参列者は額に白い三角巾を付けて葬儀を行う儀式もあります。死装束の一部を身に着けることで故人への引導が渡され三途の川を渡るところまでは見送りますが、そこからは一人で旅立ってくださいという意味を込めて行われます。また、都市部を中心として行われる後火葬と通夜の翌朝に葬儀、告別式の前に火葬を済ませてしまう前火葬が混在しているのも特徴です。前火葬の場合には故人の顔を見ることができなくなってしまうため多くは後火葬になっています。埼玉県にも昔ながらの葬儀の風習が残っていますが、最近は都市化に伴いこういった風習も少なくなっています。地元の大事な風習を次世代に引き継ぐことも少なくなっています。