小さな葬儀で故人を送り出す【身内でひっそり行なう儀式】

数珠

都市化の影響

花

埼玉県にも独特の葬儀の風習が残っています。しかし都市化の影響もあり葬儀のやり方も東京のように効率化を追求し短縮した形になりつつあります。地元ならではの大事な風習を次世代に残すことも少なくなっています。

View Detail

人気の小さなお葬式

葬儀

川越では家族葬などの小さなお葬式が人気です。家族葬プランは葬儀社の主流商品で、多くの人が家族葬でお葬式をしています。一般葬よりも安くできるのが家族葬の魅力ですが、葬儀費用が不透明な場合が多いので、事前に見積もりをチェックすることが大切です。

View Detail

公共交通機関の使用

合掌

最近は家族だけの葬儀が増えていますが、参列者の多い葬儀は参列者の公共交通機関を利用してもらうことが重要です。東京では交通渋滞があるので公共交通機関による移動の方が正確に移動することが出来ます。通夜の参列者が多くなるので告別式の参列者の確保も必要です。

View Detail

故人を見送ろう

蝋燭

簡素化する葬式

大阪では、毎日のように葬儀が行われていますがその葬儀の種類も様々です。最近は大げさな式にしたくない、家族だけで故人を見送りたい、また費用をかけたくないなどの理由で家族葬にする人が増えています。家族葬とは、家族や親族、親しい友人など少人数でとり行われる葬式です。この場合近所の人や知人に失礼の無いように弔問や献花、香典などの辞退をお知らせしておいたほうがいいでしょう。また、一日葬というものがあります。これはワンデーセレモニーとも呼ばれ家族や親族、故人とゆかりの深い人々で行われます。通夜を行わずに葬儀、告別式を一日で行います。また、葬儀をせず火葬のみの場合もあります。この場合も個人の搬送や納棺、死亡診断書の提出などの必要から大阪の葬儀社への依頼は必要です。

その他の種類の葬式

また会社の社長などがなくなった場合、会社が主催して行われるのが社葬です。これは大きな葬式になる場合がほとんどです。それに大阪では、市民葬など自治体が行っている低価格な葬儀があります。大抵は大阪の提携する葬儀社によってとりおこなわれます。この場合、故人か喪主が大阪に住んでいる場合に自治体に頼むことができます。生活保護を受けている場合は自治体から葬儀費用の扶助を受けることができます。また、お寺の住職などを呼ばずに葬儀を行うこともあります。宗教色をなくした葬儀をしたいと考えている人が増えているからです。これは無宗教葬と呼ばれています。祭壇に遺影と花を飾り、焼香の代わりに献花を行う場合が多いようです。このように大阪ではさまざまな葬式が行われています。